愛もLINEも求めなくなった時に手に入る

【愛もLINEも求めなくなった時に手に入る】

タロット占い師・恋愛カウンセラーのひまわり愛実です。

いつも応援、本当にありがとうございます♡

 

彼からのLINE。

来ないかな、来ないかなとスマホと睨めっこしていても

いっこうに来る気配がない…ということがありますよね。

 

何かを求めている時、

皆さんは欠乏のエネルギーを発してしまっています。

 

同じ波長を出し合っているものが引き寄せられるので

欠乏を感じる状況が更に引き寄せられます。

「連絡が来ない」という現象です。

「連絡をしても返信が来ない、電話が繋がらない」などもそうです。

 

また、連絡が来ないことでイライラしたり、落ち込んだりと

ネガティブオーラでいっぱいになったりもしますよね。

そして、連絡が来ないことに全神経を集中させてしまいます。

 

こうなると尚更、望まないことを強く潜在意識に刷り込ませてしまい、

現実化させてしまうのは言わずもがなでしょう。

 

負のループをどこかで断ち切りたいですよね。

対処方法の一つとしては、スマホをどこかにしまってしまうことです。

一瞬でもスマホの存在を忘れる時間を持ってください。

着信音を消すのでもいいです。

 

いきなり一日中忘れようとすると禁断症状が出てくるので、

一日一時間とか短い時間から始めてください。

 

その間、じっとしているとスマホの存在を忘れることはできないので、

何か楽しめることをしてください。

 

友達や家族とお喋りに夢中になり、大笑いするのもいいですね。

何かに心を奪われて大笑いしていると、「連絡がない」という思考がなくなります。

また、大笑いすることで自分の波動が上がります。

欠乏の思考がなくなることと、波動が上がることで、当然引き寄せる現実に変化が起きてきますよ。

 

友達に頼らなくても、これまでやってみたことのない事に挑戦するというのでもいいですね。

スケッチブックを買ってきて、描きたいと思ったものを丁寧に模写してください。

下手でもいいんです。

上手下手の基準が私にはわかりませんが。^^

 

あ、良いことを思い出しました。

写仏です。

ネットで「写仏」と検索するといろいろと出てくるので、それをダウンロードして印刷します。

それに別の紙を重ねて、鉛筆でなぞるんです。

ネットショップには「写仏セット」なるものも売っています。

仏さまを写すわけなので、不思議と心が落ち着くし、先祖供養にもなるとのことです。

 

なんだかやってみたい気持ちが湧いてきませんか?^^

思ったら行動に移しましょう。

素早く腰を上げることが運気アップの秘訣です。

 

あとは音楽が好きな人はヘッドフォンで大音量で聴きまくる、でもいいし、

本が好きな人は好きな飲み物を傍らにおいて読書にふける、でもいいですね。

 

また、料理が好きな人はこれまで作ったことのないメニューに挑戦してみたり、

前から食べたいと思っていたデザートを手作りするのはいかがでしょうか。

 

通信講座を検索して、気になったものを習ってみるとか、ちょっとした資格を取ってみるのもいいかもしれません。

 

過去に諦めた夢などありませんか?

それに改めて挑戦するのもいいと思います。

 

私が小説で賞を獲ったのは40歳の時です。

(小さな賞ですが、宣伝に力を入れてもらったお陰で一万部以上売れました^^)

睡眠時間削って書いてましたよ。子どもが幼稚園の時です。

ノートをいつも持ち歩いていて、フレーズが浮かぶとメモをとってました。

 

こうしたことに夢中になっていると、彼からの連絡が欲しかった自分を忘れています。

欲しいものは忘れた時にやってくる。

覚えていて損はないです。

 

いろいろ書きましたが…

気持ちが滅入っている時は前向きになれなくて当然です。

辛くて仕方のない時にはご相談くださいね。

ご相談文に想いを書き殴るという作業は、解決に向けて一歩を踏み出す行為です。

状況を変えたいと思った方、いつでもお待ちしております。

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on FriendFeed

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪ひまわり愛実です。半世紀生きております。20歳息子と18歳娘の母でもあります。恋愛や人間関係でお悩みの方に向け、メール鑑定・メールセッション(カウンセリング)をしています。特に恋愛に依存してしまい、生きづらさを感じていらっしゃる方へのご相談解決は得意分野です。苦しみから抜け出し、「恋ってこんなに楽しいものだったんだ♡」と感じて下さい。鑑定・セッション実績は約1000名です。(2017.4)