【願いを叶える方法】あなたは映画監督です。上映するのは映画館に任せてください。

【願いを叶える方法】あなたは映画監督です。上映するのは映画館に任せてください。

 

タロット占い師・恋愛カウンセラーのひまわり愛実です。

 

今日の画像は、

私がいつも行なっているイメージング法で叶えたものです。

 

人が写っていないので嘘くさいですが、

ここで海を眺めながら、少々強風に煽られつつ

二人でビールを飲んで幸せに浸っていました。

 

その「願いを叶える方法」をご紹介します。

 

*初めましての方はこちら*

*幸せを惹きよせるメール鑑定へのご感想*

*サブコンシャスラブ・メールセッションへのご感想*

「息をハァ~っと吐き出して脱力しながら」クリック・タップして戻ってきてください。波動が上がります。いつも応援クリック・タップをありがとうございます

 

まず、「目の前の現実は、

数週間から数か月前に

自分が出していた波動(感情の状態)と同調したもの」

という前提でいてください。

 

あなたの現実は、映画と同じ。

 

映画は映画館の大きなスクリーンに

映しだされたものですよね。

 

あなたの現実も、

内部のプロジェクターから放ったものが

あなたをぐるっと囲む360度フルスクリーンに到達したことで

目の前の情景として映し出されたものです。

 

※ややこしい言い方をしていますが、順を追って説明いたします。

 

映画は過去に撮影されたもの

 

映画は撮影したものをスクリーンに映し出したものです。

 

撮影したのは「今」ではなく

「過去」だということに注目してください。

 

あなたの現実も「スクリーンに映っている」ことから、

映画と同じく「過去」、(潜在意識に)記録されたものです。

 

 

映画館で上映されているものが

あまり好きな映画ではなかったので

別のものが見たいと思ったとしますね。

 

その映画館で別の映画を上映してもらうには、

映画館の人が上映作品を変える必要があります。

 

作品を変えるには、別の作品が必要です。

既存のもので好きなものがなければ、

台本を書いて撮影すれば、新しい作品が出来上がります。

 

好きではない作品=望んでいない今の現実

新しい作品=叶えたい現実 です。

 

役割を把握する

 

台本を書くのは脚本家の仕事。

撮影するのは監督の仕事。

演じるのは俳優の仕事。

 

上映するのは映画館の人の仕事です。

 

あなたは脚本家 兼 監督 兼 俳優なので、

あなたが出来ることは、

台本を書き、演じながら撮影するところまでです。

 

上映するのは映画館の人にお任せします。

 

映画館の人が上映する

=潜在意識に刷り込まれた願いが現実化すること

 

さっそく台本を書き、撮影しながら演じてみましょう。

 

一つ、例として台本を書いてみます。

 

ここは浜辺。

波の音と風が心地いい。

空には眩しい太陽。

 

主人公の二人(あなたと彼)が浜辺を歩く。

彼は砂が靴につくのを気にしている。

私(あなた)はサンダルの素足についても全く平気。

 

人が少ない場所に到着。

シートを敷き、腰を下ろす。

 

彼がクーラーボックスから

キンキンに冷えた缶ビールを取り出し、私に差し出す。

私はニタニタしながら受け取り、ほてった頬に缶をあてる。

 

プシュっと音を立てて、プルトップを開ける。

「お疲れ~♪」

そう言い合って二つの缶をコツンと当てる。

 

彼は一気に飲み干し、二本目に口をつける。

疲れも手伝ってほろ酔いの彼は、お喋りが炸裂。

 

私はおかしくて大声で笑いながら、彼の話に耳を傾ける。

 

 

書いた台本を読みながら、

主人公になりきって幸せに浸ってみてください。

 

俳優が台本棒読みでは、

映画も味気ないものになってしまいますからね^^

 

味気ない映画

=それっぽい現実になってきたけれど、満足感が薄い現実

 

撮影が終わったら、穏やかな気持ちで上映を待つ

 

台本を読んで、物語に浸った時点で

あなた内部のプロジェクターは

360度フルスクリーンに向かって映像を放ち始めます。

 

実際の映画と違うのは、

プロジェクターからスクリーンまでの間に

「時間」という距離がある点です。

 

その時間は数日だったり、

数か月後だったり、と様々です。

(タイムラグですね)

 

タイムラグを穏やかに過ごしていることが重要ポイント

 

監督も俳優も作品が出来上がった後は、

「この映画、最高ですよ☆」

と、上映されるまでの間、エネルギー高めに宣伝しますよね。

 

良さげなエネルギーを出している監督の作品は

映画館の人も張り切って上映してくれます。

 

でも、「どうせ、つまらないって思うんでしょ?」などと、

卑屈なエネルギーを出している監督の映画は、

映画館の人も「上映するの、やめようかな」

と思ってしまうかもしれません。

 

 

なので、あなたも願いを書いて浸った後は、

現実化するまで

波動を高く保っている必要があります。

 

幸せに、穏やかに過ごしていることで、

その波動が、

「願いが叶って嬉しい世界」の波動と同調しますからね。

 

波動が高い=穏やか、楽しい、嬉しい、のんびり、心地いい、わくわく、リラックス などです。

 

まとめます。

 

台本を書いて

(=願い事を書いて)

撮影しながら演じたら

(=書いたものを読みながら、嬉しい気持ちに浸ったら)

映画を波動高く宣伝して

(=日常を穏やかに過ごして)

上映されるのを待ちましょう。

(=現実化するのを待ちましょう)

 

お遊び感覚でやってみてください♪

 

もし、イメージしようと思っても

 

ネガティブ思考が邪魔をして出来ない…

と思った方は心の中の浄化から始めましょう。

 

サブコンシャスラブ・メールセッション

お手伝いすることも可能なので、その時はご相談ください。

サブコンシャスラブ・メールセッションのご案内

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on FriendFeed

メッセージ・ご質問等ありましたらお書きください♪ニックネームでOKです☆

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪ひまわり愛実です。半世紀生きております。21歳息子と19歳娘の母でもあります。恋愛や人間関係でお悩みの方に向け、メール鑑定・メールカウンセリングをしています。特に恋愛に依存してしまい、生きづらさを感じていらっしゃる方へのご相談解決は得意分野です。苦しみから抜け出し、「恋ってこんなに楽しいものだったんだ♡」と感じて下さい。鑑定・セッション実績は約1800件です。(2019.4)