叶うことが当たり前に思えてしまえば、もう願いを唱える必要がない

【叶うことが当たり前に思えてしまえば、もう願いを唱える必要がない】

タロット占い師・恋愛カウンセラーのひまわり愛実です。

いつも応援、本当にありがとうございます♡

 

過去、叶えてきたことを思い返すと、

「絶対、こうなる!」「絶対、こうする!」

と、寸分の疑いもなく考えて、

願いを何度も唱えることなく、

ひたすら出来ることに取り組んでいました。

 

そうなることが当たり前と思えていたんですね。

だから、何度も願いを唱える必要がなかったんです。

 

願いを唱える代わりに

「次はこうしよう」

「あの人に連絡しよう」

と、考えたそばから実行していました。

出来なかったらどうしようとか

拒否されたらどうしようという発想がないんですね。

行動することで、無意識に「私はこうなる」とたえず暗示を掛けていたのかもしれません。

 

だから、学校も就職も縁のあるところに入れたし、

この人とお付き合いしたいと思った人と付き合えたし、

別れたい時には別れられたし、

(まあ、振られることもありましたが^^;)

↑その時は、気の済むまであの手この手を使ってアプローチした後、

「あー、ダメか」と思ってすっぱり諦めて次に行けたし。(笑)

 

結婚も

離婚も

ブレがなかったですね。

「結婚して仕事をやめる」と考えてその通りにしたし、

「心地の悪い環境で暮らしていくのは限界だから離婚する」と考えて、その通りにしました。

離婚については時間が掛かりましたよ。

家族のこともありますし。

でも、心の中で決めていたんです。しっかり。

新しい住処も、パート勤めのシングルマザーに貸してくれるところなんて、あまりないじゃないですか。

でも、お金の工面についてあれこれ提示して、住みたい場所で家を確保しました。

 

逆になかなか叶わない時というのもありました。

過去の経験からの記憶や自分への不信感、自信のなさ、

自分より周囲の気持ちや状況を考え過ぎてしまうと、

途端に気持ちが不安定になって

「もう諦めた方がいいんじゃないか」

「もう無理なんじゃないか」

と、ネガティブな方向に考えが向いてしまいます。

 

迷っている時は

「諦めたくないなぁ」

「無理じゃないよね?」

とも考えているので、どっちつかずになってしまうんですよね。

そうなると、現実もどっちつかずの気持ち悪い状態が続きます。

 

上に書いたことと、下に書いたことの違い、わかりますか?

叶う時はブレていない時。

叶わない時は、ブレブレの時。

とってもシンプルです。

 

だから、何かを叶えたい時、幸せを実感したい時は

「自分がどうしたいのか」をはっきり定めておく必要があるんです。

周囲が絡む時は折り合いというものが発生するかもしれませんが、

あなたがどうしたいのかを考える際に、その人達のせいにして後ろ向きに考えるのはナンセンスです。

「私はこうしたい。その時、周りの人も幸せになるために私が出来る事は何かな」

と、前向きに考えたいものです。

(周りが大人なら、自分で幸せになる力を持っていると信じてあげるのが一番かなと思いますが^^)

 

自分がどうなりたいか、どうありたいか、です。

そして、行動する。実行に移す。

それだけです。

行動する、の中には「信じて、その時を待つ」というのも含まれます(*^-^*)

 

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on FriendFeed

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪ひまわり愛実です。半世紀生きております。20歳息子と18歳娘の母でもあります。恋愛や人間関係でお悩みの方に向け、メール鑑定・メールセッション(カウンセリング)をしています。特に恋愛に依存してしまい、生きづらさを感じていらっしゃる方へのご相談解決は得意分野です。苦しみから抜け出し、「恋ってこんなに楽しいものだったんだ♡」と感じて下さい。鑑定・セッション実績は約1000名です。(2017.4)