感情を感じ切る・小説風解説

【感情を感じ切る・小説風解説】

タロット占い師・恋愛カウンセラーのひまわり愛実です。

いつも応援、本当にありがとうございます♡

 

感情を感じ切るとはどういったことか、

よくわからない方もいらっしゃると思うので、

今回は小説風にして解説してみます。

 

感情は感じ切ると消えていく。

 

ある時、嫉妬の感情が湧いてきた。

胸の真ん中で熱い物体が生じたと思うな否や、

ぐわっと膨れて後頭部に這い上がってきた。

 

私はそれを咄嗟に抑え込もうとした。

「嫌なものなど感じたくない」

無意識だった。

 

いつもと違っていたのは、すぐにある事に気づいたことだ。

私は湧いて来たものを止めようとしている。

「感じ切る」とは正反対の行為だ。

 

私は、ストップさせられて抵抗している物体をなすがままにしてみた。

物体は上半身から頭全体を一気に黒い幕で覆う。

 

そのまま目を閉じ、数分。

物体が体の外側に広がりを見せた後、薄まっていくのを感じた。

 

さらに数分後。

物体は面影を残しつつも、苦しみを与えない程度に消えていった。

 

これが感情を感じ切るということか。

私は解放感と共にそう思った。

 

昇華していない妬みの感情がまだあるはずだ。

 

私は見ないように避けてきたものをわざと目の前に晒してみた。

嫉妬の感情が湧いてこない。

受け入れようとさえしている自分に驚いた。

 

いい気分でいるために、心に溜め込んでいるものを吐き出す。

紙に書くとか携帯のメモに打ち込むといった方法もあるが、

これは道具を必要とせず、数分で楽になる。

 

とにかく、湧いて来たものをそのまま成長させる。

 

物体の生まれた時が直径5センチくらいの球体だったとしたら、

そのまま1メートルくらいを目掛けて大きくしてしまう。

 

勝手に膨らんでいくので、「成るようになれ」と、じっとしていればいい。

絶対に堪えない。我慢しない。

 

1メートル以上になった頃には熱さは峠を越し、球体も半透明になっている。

 

怒り、悲しみ、孤独感。

すべてに使える。

その後は波動が軽くなる。

 

いかがでしょうか。

感情を感じ切るとはどういったことなのか、

何となくでも掴んでいただけたら嬉しいです。

 

こういったワークを行ないながら波動を高め、

 

「悩んで苦しくなる事がなくなりました!」

「人から褒められることが増えました!」

「普段、あまり話さない人と会話するようになりました!」

 

といった自分に変化するセッションはこちらです。

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on FriendFeed

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪ひまわり愛実です。半世紀生きております。20歳息子と18歳娘の母でもあります。恋愛や人間関係でお悩みの方に向け、メール鑑定・メールセッション(カウンセリング)をしています。特に恋愛に依存してしまい、生きづらさを感じていらっしゃる方へのご相談解決は得意分野です。苦しみから抜け出し、「恋ってこんなに楽しいものだったんだ♡」と感じて下さい。鑑定・セッション実績は約1000名です。