愛を「望んでいる通りの形」で与えられたいという想いを手放す

愛を「望んでいる通りの形」で与えられたいという想いを手放す

 

タロット占い師・恋愛カウンセラーのひまわり愛実です。

 

いつも応援、本当にありがとうございます♡

 

恋をしていると、気持ちって日々揺れ動きますよね

 

彼とのやり取りが順調だったりすれば、

「好き♡」って素直に思えるし、

 

彼が忙しすぎて会えなかったり、

自分のことを

どう思っているのかわからない時には

「他の人の方がいいのかな…」

なんて、諦めたくなったり。

 

でも、「もういいや。彼のこと、諦めなきゃ…」

とモヤモヤしているうちは、

あなたは彼のこと、大好きなんです。

 

好きだから

ずっと心に引っ掛かっているんです。

 

本当に「もういい!」と思えた時には、

さっさと他に行けますから。

 

次に好きな人が見つかれば、

女性は上書き保存すると言いますし。

 

…と17歳の娘に言ったら、

「そんなにあっさり次に行けるのはお母さんだけだ」

と言われました^^;

 

上書き保存、別フォルダ保存について一説によると…

 

理性の有無は除外して書きますね。

なので、以下の記述を読んで

「私の彼はそうなのか…」と絶望しないでください。

 

男性は精子を比較的少ないエネルギーで作ることが出来るため、

多くの女性と交わることで

自分の子孫を多く残すことが可能です。

 

なので、これまでに関わってきた女性も

別フォルダに残しておくことで、

再び自分の子孫を残す機会を取っておくのだそうです。

 

(かといって、あなたの彼が元カノと繋がるかどうかは、

別問題ですからね!

彼の性格や状況などが絡んできますので、

一概にこうとはいえないですからね)

 

反対に、女性は卵子を作るのに

たくさんのエネルギーが必要となるため

貴重な卵子を

「自分とは合わない優秀ではない男性」に使うわけにいかず、

別れた男性のことは忘れて、

新しい男性に気持ちを向けるらしいです。

 

上書き保存、別フォルダ保存については以上なのですが、

娘の言う通り、

セッションをしていると、

この説に当てはまらない女性も少なくないです。

 

女性の中にも「別フォルダで保存」と思えるケースがよくあります。

 

大好きな彼がいるのと並行して、

大事に思っている別の男性がいるというお話です。

 

どちらかがキープというわけでもないんですよ。

ちゃんと愛があるんです。

 

ただ、お話をよくよくうかがっていると

幼少期に愛を感じることが出来ずに育ってきたことが

今の恋愛に影響しているのかなと思わされたりもします。

 

満たされなかった気持ちを

今の恋愛で満たそうとするのだけれど、

愛を感じることに慣れていないため、

彼がどんなに愛してくれても

もっともっとと求めたくなってしまい、

彼では物足りないために

他の男性にも心を傾けてしまう…といった感じです。

 

同時に複数の男性を好きになること自体は

悪いことではないんです。

 

でも、どの男性からの愛も十分に感じられず、

さまよってしまうと、

あまり幸せな恋愛をしているとは言えないですよね。

 

だから、一人の人を好きでいるにしても

複数の男性を好きでいるにしても、

愛を受け取れるよう心を整えておくことが

大切なのかなと考えています。

 

話を元に戻します

 

彼のことを忘れようとしても、

ついつい思い出してしまううちは

諦めなくていいと思います。

 

忘れようとすればするほど、

意識は彼に向きますからね。

 

もし、彼のことで気持ちが乱され、

苦しい思いをしているのなら、

「彼からの愛を

自分が望んでいる通りの形で与えてもらいたい

という想いを手放す」

としてみるといいかもしれません。

 

望んでいる形というのは、

「毎日LINEで愛を確かめ合いたい」

「私だけを一点集中して想ってほしい」

といった感じでしょうか。

 

付き合い始めがこうだった場合は、

特にそう望んでしまいますよね。

 

付き合いが長くなるにつれて、

彼は無理をやめる(本来の彼に戻る)だけで、

愛がなくなったのではなく、

彼はあなたを信頼し始めます。

 

信頼しているから、

「仕事に集中しても彼女は待っていてくれる」

と考えるんですね。

 

そして、責めず、騒がず、

健気に待っているあなたに対し、

「会えたら、これをしてあげよう、あれをしてあげよう」

って思っています。

 

でも、余力がないだけなんです。

 

一日の仕事を終えて、

ふと息を付いた時には

心身ともにドロドロに疲れているので

労力を使うLINEが出来ないんです。

 

どろどろに疲れている時って

言葉を考えて、文字を打つ という作業が

とてつもない労力ですからね。

 

LINEしたくてするのではなく、

義務的な労働になります。

 

自分への連絡が

やっつけ仕事になったら嫌じゃないですか?

 

(そんなことない? 

ちょっとは無理せーよという声が

ちらほら聞こえてきそうですが^^;)

 

だから、仕事が一段落して

気持ちのゆとりが出てきたら

連絡をくれるって信頼してみましょう。

 

一年中、忙しいなんてことはないですから。

 

(何かピンチに陥っている時は別です。

自営業で立て直さなければならなかったり、

大きなプロジェクトを成功させなければならなかったりなど、

特例はあります。)

 

彼は彼なりのやり方で

あなたを愛してくれています。

 

それに気づいて、

「自分の望んでいる通りの形で彼に愛してほしい」

という想いを手放してみてください。

 

そうすれば、彼と楽に向き合えるように

なるんじゃないかなって思います。

 

あなたが楽に向き合えるようになると、

彼はプレッシャーを感じなくなるので、

結果、あなたが喜ぶ形で愛してくれたりしますよ♪

 

サブコンシャスラブ・フリーセッションを受けてくださったN・S様からのご感想です。

 

愛実さま、お話聞いていただきありがとうございました。

 

最初は、もう好きな彼なんて忘れると言いながら、

セッションを受けながら 彼への気持ちを再確認でき、

結局ずーーーっと彼のことばっかりで。

 

Win_Winの関係ってのが

私にとって気持ちを前向きに切り替えられる事でした。

そうすればお互い素直になれるって思います。

 

直接聞いたわけでないけど、

お互いに想い合ってるみたいなので

これからも自信を持って生きていこうと思います。

 

他に好きな人が出来たら……

というか暫くは出来ないかも。

彼が、自分が成長する為の相手であれば、

無理に手放すのはやめます。

関係が進めないのは切ないけど……。

このままの関係でも幸せなのかもしれません。

 

最後に観ていただいた件、嬉しく思いました。

素直に言えそうになったら伝えようと思います。

私も彼にとって一番の女性って言われたら きっと泣きます。

 

まずはドライブデートが実現すると信じますね。

 

まだまだお話したかったですが。

進展あったら報告させて頂きます(^w^)

 

これからもメルマガ楽しみにしてますね。

お体に気をつけて。

ありがとうございました。

 

N子さん、ご感想をありがとうございました^^

 

N子さんは以前、

セッションを受けてくださった時のワークの中で、

「彼とドライブデートをする」と書いていらしたんですね。

 

そうしたら、車を急遽買い換えることになり、

それが彼の乗りたい車だったということで

話が盛り上がったそうです。

 

近い未来はこうなる!ということを書き、

途中経過は宇宙にお任せして、

導きをキャッチするたびに行動に移していると、

こういった思いがけない

嬉しい展開が起きてきたりするんですよね。

 

願いが叶う途中経過ってホント面白いです^^

 

望んでいる形を手放そうとする時

 

まずは、自分の寂しい気持ち、

悲しい気持ちを吐き出すことが先です。

 

思い切り、寂しさ、悲しさを吐き出して、

気持ちが落ち着いたら、

彼が今まであなたにしてくれたことを

思い出してみてください。

 

思い出したことを箇条書きにメモしてみてください。

 

「彼は彼なりに愛してくれてるんだよな」

と思えるようになると思います。

 

そうすれば、

自然と期待を手放せるようになりますよ♪

 

彼への期待を手放し、嬉しい展開に出逢える自分になるセッションはこちらです

サブコンシャスラブ・メールセッションのご案内

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on FriendFeed

メッセージ・ご質問等ありましたらお書きください♪ニックネームでOKです☆

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪ひまわり愛実です。半世紀生きております。21歳息子と19歳娘の母でもあります。恋愛や人間関係でお悩みの方に向け、メール鑑定・メールカウンセリングをしています。特に恋愛に依存してしまい、生きづらさを感じていらっしゃる方へのご相談解決は得意分野です。苦しみから抜け出し、「恋ってこんなに楽しいものだったんだ♡」と感じて下さい。鑑定・セッション実績は約1800件です。(2019.4)