出会いから告白されて付き合う方法2【メモを渡す】

出会いから告白されて付き合う方法2【メモを渡す】

 

タロット占い師・恋愛カウンセラーのひまわり愛実です。

 

あなたに愛溢れる毎日が訪れますように.。.:*♡

 

さて、好評だった

『出会いから付き合うまでシリーズ』第三弾です☆

 

過去記事です↓

出会いから告白されてお付き合いに至るまでってこんな感じ

 

出会いから「告白して」お付き合いに至るまでってこんな感じ

 

高校を卒業するまで付き合っていた彼と別れた私は、

 

共学の短大に入学するわけですが、

そこでも出会いが待ち受けていたんですね。

 

テニスサークルに入り、

ちんたら練習を楽しみ、

↑あまり熱心に練習しませんでした^^;

夏の合宿に参加したんです。

 

長野…だったかな?

記憶が定かではないのですが、

電車に揺られ、

みんなでワイワイと出掛けていきました。

 

当時、私にしては珍しく、

元カレに振られた傷を引きずっていたんですね。

 

地元の喫茶店でバイトをしていたのですが、

元カレの家が近くだったので、

店の前を通り掛かるんじゃないかって、

いつも気にしたりして…。

 

一応、人前では明るくしていたつもりだったのですが、

長野行きの電車の窓から見える景色を見ながら、

ちょっとぼんやりしていたらしいです。

 

その姿を見ていてくれた人がいたんですね。

 

あとで「なんか、寂しそうだった」

って言われたくらい

ぼーっとしていたらしいです。(笑)

 

その合宿所に

自由に使えるバーみたいな部屋があって、

カウンターの中に入って

ガールズバーごっこ(?)をして遊んでたんです。

 

いい気分で酔っ払って

はしゃいでいたのですが、

その相手をしてくれた中の一人に

ひょうきんで明るい男の子がいました。

 

男の子ってことはないか。

でも、まだ18歳でしたからね。

男の子にしておきます^^

 

合宿に行く前からも、

なんとなくはお喋りしていたのですが、

合宿で急接近した感じですね。

けっこう良い感じだったんですよ。

 

それでも、

彼は告白しようとしてきませんでした。

 

そこで私は、彼の気持ちが

こちらに向いていることがわかっていたので、

ふっかけたんです。

 

「付き合うの?どうすんの?」って。

 

強気ですよね~(笑)

 

我ながら凄いなと思うのですが、

こういう積極性だけはなぜかあるんですよ。

 

普段はおとなしいんですよ。

小心モノだし、緊張シイなんです。

 

これだけのことしておいて、

小心も何もないだろうって感じですが、

気が小さいけど、

目立つことをするのは好きっていう

矛盾した性格をしていました。

(今もか^^;)

 

私に迫られた彼は、少々苦笑しながら

「お?おお、付き合おうぜ」

みたいな感じで答えていた気がします^^

 

この合宿の前だったと思うのですが、

別の場所にもテニスをしに

サークルで出掛けたんですよ。

 

その時は車を持っている人が出してくれたのですが、

誰がどの車に乗るかを決める際、

「私、◯◯くんの助手席ー!」

って、みんなの前で手を上げて、

彼の隣を確保してました。

 

そんなこと言う女の子、他にいませんからね。

 

先輩方、ニヤニヤしてましたよ。

彼がどんな顔をしていたかは忘れました。

 

そうやって、

自分からは告白しないのですが、

地固めはしてたんです。

 

何度も言いますが、

計算じゃないんです。

 

そうしたいからする、みたいな感じです。

 

この時も、彼の気を引きたいとか、

そういった気持ちはいっさいなくて、

「彼の助手席は私がもらった!」といった、

ただそれだけの気持ちだけで動いてました。

 

で、なかなか告白してこない場合は、

「どうすんの?」って迫る(笑)

 

友達としてかなり仲良くなってからですけどね。

 

そんな感じでお付き合いに突入します。

 

実はこの頃、

 

もう一人の男の子にも告白されていたんです。

上に書いた彼がいなかったら付き合ってました。

 

今まで出会った男性の中で、

唯一、私のことを呼び捨てで呼んでくれた人です。

 

親からも「ちゃん付け」で呼ばれていたので、

慣れなかったですけどね^^;

 

それに、私の本名って、

呼び捨てだと字余りな感じがするので、

ちゃんを付けないと呼びづらいかもしれないんです。

 

でも、呼び捨てで呼ばれて、

くすぐったい嬉しさはありました。

 

その人には、ラケットを借りて返す時に、

メモを挟んでロッカーに入れておく、

ということをやって気がします。

(上の彼と付き合う前ね)

 

…私、メモが好きですね^^;;

 

でも、ラケットを借りたから、

単純にメモにお礼を書いただけで、

腹黒い魂胆があったわけではありません。

 

カワイ子ぶろうとしたわけでもありません。

(松田聖子ちゃん全盛の時代です)

借りたから、お礼を書いただけです。

 

こういったアナログ的なこと、

今の時代でも受けるらしいですよ。

 

デジタル時代だからこそ、余計にかもしれません。

 

とある男性の記事に

「メールじゃなくて

手紙とかメモとかでメッセージ送られると、

お♡って思う」

って書いてありました。

 

だから、きっとそうなのでしょう。

 

当時は携帯がなかったので、

メールできなかったんですけどね。

 

誰か好きな男性がいたら、

アナログ作戦決行すると、印象に残るかもしれません。

 

…という感じで、

 

短大前期は

初めて付き合った彼の時と同様、

私からちょっとしたモーションを掛けて気を引いた感じ

お付き合いに至りました。

 

ただ待っていても、

出会いのチャンスは掴めません。

 

友達として仲良くなって、

その後、何かしらふっかけてみてください。

 

そこで、あまりいい反応がなかったら、

サッと引いた方がいいかもしれません。

 

私の魅力がわからない男はいらんわと、

毅然としていましょう♪

 

男性をハンターにしてあげてください。

 

女性が追いかけてしまうと、

簡単に手に入る女性には興味を失っちゃいますから…。

 

こんな私とお喋りが出来るセッションはこちらです。

サブコンシャスラブ・メールセッションのご案内

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Share on FriendFeed

メッセージ・ご質問等ありましたらお書きください♪ニックネームでOKです☆

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして♪ひまわり愛実です。半世紀生きております。21歳息子と19歳娘の母でもあります。恋愛や人間関係でお悩みの方に向け、メール鑑定・メールカウンセリングをしています。特に恋愛に依存してしまい、生きづらさを感じていらっしゃる方へのご相談解決は得意分野です。苦しみから抜け出し、「恋ってこんなに楽しいものだったんだ♡」と感じて下さい。鑑定・セッション実績は約1800件です。(2019.4)